ステンレスを黒染めしエイジング加工を施した最上級ライン【BLACK VINTAGE INOX】公式オンラインストア

 
 
 
会社紹介
 

株式会社青芳について


戦前から金属の加工で栄えた新潟県燕市。
江戸時代の釘職人までさかのぼる長い歴史をもち、現在も多くの工場を有し、となり町の三条市と含めた燕三条エリアとして日本の金属加工の集積地となっています。
私たち青芳もこの地で1957年に金属洋食器メーカーとして始まり、「生活雑貨・福祉用品の企画開発、製造、卸しおよび販売」を行っています。

青芳では、1985年に生活雑貨の企画製造販売を行いオリジナルブランドとして「CASUAL PRODUCT(カジュアルプロダクト)」が誕生しました。
ブランドコンセプトは毎日使うものだからこそ、気に入ったものを選びたいというライフスタイルにこだわりをもったお客様のニーズにお応えする商品をご提案しています。
現在では、全国の雑貨専門店・ライフスタイルショップ等で販売して頂き、他にレストラン・カフェ等でもご使用いただいております。

また、1990年より障がいをお持ちの方々・高齢により自分で食事がうまく出来なくなった方々が、自身で食事を摂ることを手助けする為の介護食器の開発販売を始めました。
これらの商品は2009年に介護福祉・障害者向け福祉食器「Willassist」として改めてブランド化されました。
ブランドコンセプトとして「助けたい・手伝いたい」とし、少子高齢化社会において、手助けを必要とする人に対して必要な道具の企画開発製造販売を行っています。


現在では海外生産の商品も増えましたが、日本品質の物創りを基準とした品質管理に取り組んでいることが青芳の強みです。
当社のオリジナル商品はメーカーとしてのDNAを背景とし、時代の一歩先を行く商品開発を目指し、機能美・品質・価格も含め、
他にない独自商品を「創」をモットーとして、お客様より信頼を頂き、支持される商品を今後共に創り出していきます。
会社概要
会社名株式会社 青芳
https://www.aoyoshi.co.jp/
所在地〒959-1276 新潟県燕市小池5143番地
資本金1,000万円
代表取締役社長青柳 修次
事業内容生活雑貨・福祉用品の企画開発、製造、卸しおよび販売
従業員数38人(2023年04月01日現在)